カウンセリングマインド 

「カウンセリング・マインドとは、非専門家がカウンセリングの理論や技法を 職場、授業、育児、社交などの
分野に生かそうとするこころ」です。 カウンセリングマインドを職場や学校の授業に活かしているところも
増えてきました。 カウンセリングを行う際のカウンセラーの心情・態度を指します。
カウンセリングとは、カウンセラーが相談された悩みや問題に対して解決案を 出したり、その問題自体を
取り除いたりするのではなく、 カウンセラーとクライエント(相談者)との間により望ましい人間関係を構築
することにより、クライエントが自らの力を十分発揮し、自らの力で問題を解決していけ るようにすることです。
ほぼ、日本の場合 傾聴スタイルが主流となります。 カウンセリングサポート(ICA国際コーチングセラピスト協会)の
カウンセリングは 傾聴型を基本としていますが、時には心理学のティーチングやアドバイスも 行い、
早めの悩み、問題解決を目指していきます。 自立した人にとって、さんざん一人で考えて問題を解決しようと
していますから カウンセリングマインドは、カウンセリングサポート(ICA国際コーチングセラピスト協会)
使い方が少し違ってきます。 自立した人、男女が悩みや問題にぶつかる潜在意識の解決は
実はもっとも、自分自身にも答えを隠してしまっています。 自分にも隠してしまった答えを見つけると、
解決が加速することができます。 自立した人は、一番悩んでいることは特に 人に助けを借りることが
出来づらいものです。 ぜひ、私たち専門家にご相談くださいませ。
自立した人、特有の悩みは専門的に扱っていけます。

Follow me!

カウンセリングマインド 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA