カウンセリング 周りの目を気にしてプレッシャーを感じやすい

30代の方で、仕事において胃を痛くするくらいプレッシャーやストレスに

いつも悩んでいらっしゃるご相談をよく承ります。

周りから期待されていると感じているため、

あまり深く関わらないようにしているものの、 それに応えなければ

という思いが強く、スキルアップや自分磨きをし、

自分を常に駆り立てている状態にいらっしゃいました。

これは自立期における「期待の段階」のワナになります。

この方もそうでしたが、次のステップにいくと、再び周りの期待が

大きくなってしまうと思っていらっしゃいました。

本来、再び目標設定をする必要があるのですが、

目標を達成してしまうと、もっと周りの期待に応えないといけない、

背負わないといけないという恐れがでてくるため、

次のステージに行くことが非常に大変だと感じていることが多いです。

そのため、ご本人は焦点を定めているつもりでスキルアップなどを

試みていらっしゃるのですが、実際は焦点を定めず、意識を分散させています。

これが深層で起こっている原因は、 依存期においてご本人のニーズ(要求)が

満たされていないからです。

期待というのは実は相手にも期待していることなのです。

そこに隠れたニーズが存在しています。

この状態が続くと、ご自分を駆り立て、その結果疲弊が出てきます。

今後は周りの目を気にせず、目標に対して楽に取り組めでいただけるよう

どんなニーズがご自分にあるのか?ということを
明らかにしていただきました。 自立されている方は相談することを難しく感じていらっしゃる方が多いので、
その状態を長引かせてしまう傾向がございます。ぜひご相談くださいませ。

Follow me!

カウンセリング 周りの目を気にしてプレッシャーを感じやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA