カウンセリング 仲間といても孤独感を感じてしまう

ご友人や仲間が多く、仕事の後や休日はいつも予定で埋まっているそうなのですが、 皆といても、
心から楽しめない自分がいて、孤独な気持ちを感じてしまうというご相談がありました。
電話カウンセリングを進めていくうちに、実は明るく楽しそうにふるまってはいるものの、
心のどこかでご本人と周りとの関わりはここまでという線引きをしていたということに気づかれました。
その深層では、周りの方との対立やケンカを避けるために予防線を張っていらっしゃいました。
「自立」されている方というのは、自分のやり方をとても大切にしています。
なぜならば、そのやり方でうまくいったという経験をお持ちだからです。 しかし、それぞれが
そのやり方を正しいと主張してしまうと対立やケンカが起こってしまいます。 結果的に楽しい時間、
楽しい関わりが台無しになってしまうことが容易に想像できるので、 ご相談者の方はそうならないように
敢えて周りと距離を取っていらっしゃいました。 実際、対立やケンカをしているときは相手を
どうにかしようとだけ考えていて、 本当に望むものを見ていない状態になります。
つまり、例え勝って正しさを得ることはできても、 幸せや楽しさ、親密感というものは得ることは難しいです。
人との関わりが楽で楽しいものだと変化いただくために、 ご相談者の方には深層の部分を理解していただきました
そして、改めて本当にご自分が望む状態を選択いただきました。
同じようなお悩みがあられる方はぜひご相談くださいませ。

Follow me!

カウンセリング 仲間といても孤独感を感じてしまう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA