カウンセリング 感情について

人は、感情の生き物です。 感情により、行動している事は皆さんもご存知かと思います。
感情というのは、長年身につけた間違った思い込みによるもの、これを観念と呼びますが、
これによって、感じる感情を選んでいます。 例えば、恋人に次のお休みに会いたいな~と
あなたが伝えたとしますね。 今、パートナーは、すごく忙しい状況でそれが叶わなかったとします。
その時、あなたならどう受け取りますか? Aさんの場合 今、彼は忙しいのだ、だから休みの日くらい
ゆっくりさせてあげよう。 Bさんの場合 私は彼女なのよ、お休みの日に会えないなんて、
付き合っている意味あるの? Cさんの場合 そんなこと言って、誰か好きな人でも出来たんじゃないの?
三人三様ですよね。 Aさんの場合 彼と、パートナーシップが取れていらっしゃるようにお見受けしました。
彼とどうしていきたいのか、明確なのかもしれませんね。 Bさんの場合 彼に対する欲求(ニーズ)が
強い人みたいですね。 これでは、相手の男性を疲れさせてしまうかもしれませんね。
Cさんの場合 疑っていますね。過去にそんな辛い経験が、あったのかもしれません。
また、自分もそういうところを持っている方なのかもしれません。 Bさん、Cさんにおいては、
パートナーとうまくやっていくというよりは、 自分のニーズを満たすという方が強い感じがします。
私共、カウンセリングサポートでは、どうしてそんな行動を取るのか?
ご質問させていただきながら、無意識、潜在意識にアプローチして、 観念を見つけていくサポートを致します。
是非、ご相談ください。
ICA国際コーチングセラピスト 和之晃子

Follow me!

カウンセリング 感情について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA