カウンセリング 部下との関係をうまく作れない

会社の部下がしっかりしないので、いつもイライラしてしまうし、 もうどうしていいか分からないという
上司の立場の女性からご相談があり、 電話カウンセリングを承りました。
そのクライアント様はとてもしっかりした方でいらっしゃいましたが、 その自立が超自立的になってしまうと、
依存していた頃の自分を表現したくありませんので 周り(部下)が表現し始めます。
目には見えませんが、バランスを取るために、 周りの方はそのクライアント様の依存を抱えないと
いけないのです。 明らかに、その方と部下の方とは、自立と依存の関係でした。
なぜならば、クライアント様は感情が大の苦手で、 部下に、泣くといった感情を出されると、
その場を立ち去りたいくらいの嫌な感情を感じていらっしゃいました。
その方が自立の立場にいらっしゃることが分かります。 しかし、ご自分の感情を避けていると、
その分だけ周りが表現し始めます。 しかし、部下を変えようとしても、 疲労感や燃え尽き感だけが残って、
結局何も変わりません。 周りを変えることは本当に大変なことなのです。
しかし、このままでは距離が生まれるばかりで、いい関係は創れません。
まずはクライアント様ご自身の感情ともう一度つながることが必要ですし、 自分自身とまずは
仲良くなることをが必要です。 自分を理解することは、相手や周りを理解することができるようになります。
同時に、その関係をご自身の成長や貢献にかえるには、 どう関わりを持っていけばいいかを考えていただきました。

Follow me!

カウンセリング 部下との関係をうまく作れない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA