カウンセリング ~愛か怖れか?嫌われたくない心理~

人が行動を移す時の基準は、究極、愛からなのか、
怖れからなのかに二分されます。

怖れからの行動は、例えば、自分が嫌われたくない、
失敗したくない、恥をかきたくない、
みじめな思いはしたくない、
無価値観を感じたくないなどの理由から、何かをしたり、
何もやらなかったりする訳です。

ある40代の女性から、自分は何かしら幸せ感を感じられなくて・・・

こういうご相談をお受けしました。
この方は、嫌われたくないと、怖れからの行動をなさっていました。

常に嫌われまいとした行動なので、自分の素を出せなかったり、
逆にその事で疲れを感じるようになってきていたのですね。

嫌われまいとする行動から、自分自身が傷つかないようにする為の
選択でしかなく、それは幸せの為の選択ではなかったのです。
いくら頑張っても、心が満たされることはなく、望む幸せにつながりません。

愛からの選択であれば、同じ行動でも、視点が違うので、あの人の為に
何かできたと、 満足感や充足感を得られていた事でしょう。

その方の望む状態をお伺いして、怖れではなく愛からの行動が、
全てうまくいくのだと気付いていただき、
幸せな人生を歩んでいただける一歩を
サポートさせていただきました。

ICA国際コーチングセラピスト 和之晃子

Follow me!

カウンセリング ~愛か怖れか?嫌われたくない心理~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA