カウンセリング ~上司とソリが合わない理由~

上司と相性が悪いけれど、異動のない会社なので、
このまま我慢するか、辞めて転職するしかないと
思いつめている方から ご相談がありまして、電話カウンセリングを承りました。

上司の方のタイプを伺いますと、

・自分勝手
・気分でいうことがコロコロ変わる
・横柄
・デリカシーがない

などを挙げられました。

そして、過去を振り返っていただき、
今回が初めて遭遇する人物なのか、
同じような要素を持っている人物がいたのかを
考えていただいたのですが、 まさにピッタリだったのが、
クライアント様のお父様でした。

お父様に見ていた要素がそのまま上司に投影されていたため、
父に感じるような感情が上司にも出てしまうのですが、
この状況を「権威との葛藤」といいます。

お父様に怒りの感情があると、攻撃的になってしまうので、
上司からのアドバイスも素直に聞けず、
反抗的になってしまいます。

また、その反発心から、自分のやり方のほうが
優れているという思いも あったため、
その上司とは内面で競争をしている様な状況になっていました。

そうなると、上司も手を焼いてしまいますし、
可愛くない部下だと思えるため、 距離ができてしまうのは当然です。

クライアント様には、なぜお父様がその様に見えるのか、
そして、そうしなければいけない理由は何かということについて
考えていただきました。

すると、お父様にもどこか弱いところがあって、
それを隠すために威張ったような 態度をとっていたのではないかという
理解に行きつきました。
そう考えると、許せる気持ちになるという思いも持たれました。

そして、父への感情を持ったまま上司を見ていたクライアント様でしたが、
その感情を外して改めて上司のことを考えていただくと、
その方も弱いところがあるんだということ、
そして上司もクライアント様に 近づくのが怖かったんだと
いうことに気付かれました。

いずれは転職や退職ということもあるかもしれませんが、
その理由が上司であるということは回避することができました。

真実の目で上司を見ることができてよかったと感想をいただきました。

Follow me!

カウンセリング ~上司とソリが合わない理由~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA