カウンセリング ~共に依存する関係 共依存~

こんにちは カウンセリングサポートです。

皆さんは、「依存症」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?
アルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル依存症、買い物依存症、セックス依存症 ネット依存症、
スマートフォン依存症、共依存症など・・・
共依存者は自己愛・自尊心が低いため、相手から依存されることに
無意識のうちに自己の存在価値を見出し、共依存関係を形成し続けることが多いと言われてます。

夫がアルコールに依存し、妻に面倒を見てもらうことで妻にも依存していて、 自立していないという例があります。
この奥さんは、夫の世話を焼き、一見自立しているようですが、 実はアルコールに依存し、
自分に面倒を見させる夫に、依存しているのです。

しかし、その行為だけをコントロールしやめさせようとしても、 依存症は治りません。

上記のようなアルコール依存症の夫がいて、妻が本人の為にお酒を隠したとします。
お酒を隠された夫は「酒を取り上げられた」から飲めないのですが、 このやり方は、自ら「酒を断つ」と
決意しての断酒ではなく、そもそも酒を飲まないことに
納得していないので、
自主的に断酒するという意識は育ちません。

根本はそうせざるを得ない心理状態なのですから、その心理状態はどうなのか?
ご自身も、周りの方もそこに着目し、じっくり取り組む必要があります。

何かに依存したり、そうせざるを得ない心理状態は、放っておくと、
ご自身ばかりではなく、周りの方も破滅させてしまうパワーを持っています。

ぜひ、私共カウンセリングサポートへご相談ください。

Follow me!

カウンセリング ~共に依存する関係 共依存~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA