カウンセリング ~周りの方のニーディさはあなたの一部~

こんにちは カウンセリングサポートです。
カウンセリングにより、悩みが解決なさった方の体験談です。
ある女性が、職場の女性社員達をまとめる立場にいらっしゃいましたが、
なかなか彼女の言っていることが伝わらなかったり、ある特定の社員から
反発を受けることが多くあり、疲弊していらっしゃいました。

カウンセリングで紐解いていくと、反発を受けている社員に対して、
彼女が、被害者意識を持っていらっしゃることが分かりました。
まず、目の前で起きていることは、例え、周りが悪いように思えたり、見えたとしても、
残念ながら、あなたもその状況を創り出しているという事なんですよね。
被害者意識を持つと、人から責められることを多く体験していきます。
このクライアントさまは、深層で、自分が悪い、自分は罰せられる存在だから
責められるべきだと思っていらっしゃったのです。
そのように思っていたので、責められる体験を多くなさっていらっしゃいました。
ご自身が悪いと思うようなきっかけがあったのかどうかお伺いすると、
自分が悪いという思いは、ずっと付きまとっているように思えて仕方がなく、
それは、反発を受けている社員がご自身の思い通りにならない事が
原因である事が分かりました。
思い通りにしたかった理由をお伺いすると、ご自身の立場上、それが職務であり、
会社に対して不平不満を口にする彼女の事を、何とかしなければならないと感じていたけれど、
そこが分からずに今まできたとのことでした。

随分お辛い立場をご経験してこられたのですね。
もし、仮にあなたが会社に対して不平不満を持たれていらっしゃると考えてみた場合、
相手にどのようにして欲しいでしょうか?
聞いて欲しいと思うかもしれませんが、彼女に対してはその事はやれていないとの事でした。
もしかしたら、あなた自身も、職場に対して不平不満がおありになられるのかもしれません。
あなたがそれを我慢していらっしゃる為に、痛みに感じてしまい、それが出来ないのではないですか?

そう言われれば、そうかもしれません。

ただ、相手の話しを聞いて上げるだけでは、相手の方のニーズを満たしてあげるだけで、
解決にはなりませんので、まずは、あなた自身にも不平不満があったんだと認めていかれる事です。
そして、どうすれば不平不満が軽減出来るか、相手の方と一緒に考えていかれるという
スタンスで接してみられるのはいかがでしょうか?
そうですね、そう考えると随分楽になりました。
最初に感じていらっしゃった嫌な感情は、今はどうなっていますか?
何が何でも言う事を聞いてもらわなければという思いは軽減されました。
それで良いのですよね。

悩み・問題があられる方、ぜひ、私共カウンセリングサポートにご相談ください。

Follow me!

カウンセリング ~周りの方のニーディさはあなたの一部~