カウンセリング ネガティブな競争は破壊を招く

こんにちは カウンセリングサポートです。
カウンセリングを受けられ、職場での人間関係が好転なさった方の体験談です。

 

お母様がうつ病を発症し、それまでは実家から離れて暮らしていたご相談者様ですが、
頻繁に実家を訪問せざるを得なくなりました。
彼女自身はここのところ仕事で忙しくしていたようですが、
さらに、お父様にご病気が発覚したということで、ご相談に見えられました。

 

どうやら、ご家族で『依存の競争』をしていたようです。

ご家族の中で、どなたかが面倒を見て欲しいというニーズを抱えていたとします。

そして、その方が面倒を見てもらいたいという理由から病気になると、

さらに別の方がそれよりもっとひどい状況を創り出します。

そうやって、家族の中で、自分が大変だという状況を表現していくのです。

依存の競争は、最終的には破壊につながる可能性もあります。

 

彼女には、状況を拒絶するのではなく、受け入れていくことをやっていっていただくようにお伝えしました。
その後、お父様との関係や職場の人間関係が、好転なさってきていらっしゃるようです。


悩み・問題があられる方、ぜひ、私共カウンセリングサポートにご相談ください。

Follow me!

カウンセリング ネガティブな競争は破壊を招く